クレンジングの種類は沢山ある

クレンジングの種類は沢山ある

クレンジングを選ぶ際、たくさんの種類がありすぎて、どれを選ぶか迷ってしまいます。オイル、ジェル、リキッド、クリーム、ミルクなど様々なクレンジング手法が存在しますが、用途にあわせて賢く選ばなければ、肌への負担を大きくしてしまうことになりかねませんので注意して選ぶことが大切です。クレンジングは洗浄効果の高いものほど肌への負担が大きくなります。洗浄力が高く支持の高いオイル系のクレンジング剤は、当然ながら、肌へのプレッシャーも大きいといえます。反対に、肌への負担が低いものは、クリームやミルク系などのクレンジング剤です。しかし、肌への負担を減らしたくないということで、洗浄力の低いクレンジング剤を使い、洗浄不十分でメイクなどが残ってしまっては本末転倒な話です。メイクの濃さにあわせて、クレンジングの方法を使い分ける方法がおすすめです。日焼け止めやフェイスパウダー程度であれば、ミルクやクリームのクレンジング剤でしっかりと除去することができます。リキッドファンデーションや、ウォータープルーフの入ったファンデーション、日焼け止め等は、オイル系のクレンジング剤ほどの洗浄力がなければ、なかなか落とせません。その日のメイクの状態に合わせて、クレンジング剤を変えれるよう、クレンジング剤は1本ではなく複数常備しておくことが望ましいといえます。メイクの薄い日は、肌への負担の少ないクレンジング剤を選ぶことで、美肌への道に一歩近づくことができるはずです。他にも細分化するともっと沢山のクレンジングが存在しますが、モイストゲルクレンジングはその中でも保湿重視のモイスト系に分類されます。乾燥肌・敏感肌の人は使ってみるとよいでしょう。

最終更新日: